ネットで稼いで中国に安く行く方法とは?

石景山遊楽園 ニュース

ディズニーが本気を出した

11日付の中国紙「新京報」によると、米ウォルト・ディズニー社は、北京市の国営遊園地「石景山遊楽園」がディズニーの著作権を侵害した疑いがあるとして、同市版権局に通報した。

 同園は北京五輪の関連行事だった5月初旬のキャンペーンなどで、ディズニーランドに酷似したアトラクションやキャラクターなどを登場させていた。

 同園のキャッチフレーズは「ディズニーランドは遠すぎる」。園内では、ディズニーランドの象徴でもあるシンデレラ城を模した建物や映画「ダンボ」のキャラクターに似た耳の大きな空飛ぶゾウの乗り物などが見られる。
(YOMIURI ON LINEより引用)

ディズニーが著作権を侵害したとして版権局に通報したそうです。
前に書いた記事で北京オリンピックを睨んだものだと書いたのですがディズニーが通報したんですね。

ディズニーを敵に回すと怖いと思って石景山遊楽園の社長もディズニー関連のものを撤去したんですね。

でも今までミッキーマウスミニーマウスなどのディズニーのキャラクターを使って遊園地を運営していたことは消えるわけじゃないので著作権侵害として訴えられる可能性は高いでしょうね。

>>著作権100の事件簿

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000111-yom-int

石景山遊楽園 ニュース

パクリ遊園地の石景山遊楽園に政府の是正命令

2007年5月10日、ディズニーキャラクターやドラえもんなどを無断使用が問題視されている北京市の石景山遊楽園に対し、北京市版権局が是正命令を出したことが明らかとなった。同園ではすでにディズニーキャラクターの使用を停止したという。

 10日、北京市版権局・王野霏(ワン・イエフェイ)副局長は、ウォルト・ディズニー社の通報を受け、北京市政府と関係部門は石景山遊楽園の調査を開始したと発表した。また、北京市はこれまで一貫して知的所有権の保護に努めてきており、違法企業には厳しい態度で臨んでいると強調した。現在、版権局では専門家による検討会議が開かれ、合法的なキャラクター利用の線引きについての検討会を開いているという。
(Record Chinaより引用)

ディズニーなどをパクって世間を騒がせていた石景山遊楽園に対して北京市版権局が是正命令を出したそうです。前に書いた撤去のニュースはこれに対するものだったのでしょう。

北京市が国営遊園地である石景山遊楽園に是正命令を出したというのはおそらく来年にある北京オリンピックを睨んでのことだと思います。オリンピックといえば莫大な経済効果があります。

ディズニーをパクっている遊園地が仮に北京オリンピックまであった場合にはイメージダウンになります。このため国営遊園地であったとしても是正命令を出したのだと思います。

石景山遊楽園 ニュース

ディズニー模倣の質問で問題なしが20%超える

ディズニーやドラえもん、キティーちゃんなどを模倣したキャラクターを使っている石景山遊楽園は、中国の知的所有権保護が不十分な現状を示す事例として、多くの海外メディアが取り上げている。過熱する海外の報道を受け、中国メディアも石景山遊楽園関係の報道が始まった。7日、中国の大手ポータルサイト・ Sina.comはこの問題に関するネット調査を実行した。

【質問1】
石景山遊楽園がディズニーキャラクターを使って旅行客を呼ぼうとする行為は過ちだと思うか?

1位 知的所有権の侵害であり、中国の国家イメージを損なう(65.11%)
2位 過ちではない。単にディズニーが作り出したキャラクターを使っただけ(23.19%) 
3位 過ちではあるが、たいした問題ではなく海外メディアが騒ぎすぎ(8.24%)


【質問2】
石景山遊楽園のディズニーキャラクター模倣事件の原因は何だと考えるか?

1位 企業の知的所有権遵守の意識が弱い(49.79%)
2位 政府の知的所有権保護の取り組みが不十分(25.42%)
3位 外国人は知的所有権を建前に、中国に圧力をかけている(22.58%)
(Record Chinaより引用)


質問1の回答に2位に過ちではないというのが20%以上いるということに驚きです。こんな中国が来年の北京オリンピックを行うとうのだからどうなんでしょうね?

もし北京オリンピックのマスコットキャラを模倣されてどこかで売られていても訴えないつもりなんでしょうか?

石景山遊楽園 ニュース

石景山遊楽園に取材

2007年5月3日、レコードチャイナの記者は、北京市の石景山遊楽園を電話取材した。
同園は、ディズニーを模倣したキャラクターを採用しており、著作権侵害の可能性があると指摘されている。

広報の劉(リュー)さんは我々の取材に対し、最近、日本からの取材が殺到してきて困惑していると述べた。しかも日本メディアの取材内容はみな同じで、「ミッキーマウスとドナルドダックがいますよね?」と聞いてくるのだという。

遊楽園側はあらぬ疑いをかけられて、大変に迷惑していると強調した。というのも石景山遊楽園には ディズニーを模倣したキャラクターなどはいないからだと劉さんは断言した。いるのはグリム童話を 題材にして、同園が作り上げたオリジナルキャラクターという。

しかしレコードチャイナの記者は同園の資料写真から、劉さんの主張と合致しない非常によく見慣れた キャラクターを見つけた。日本アニメの代表的キャラクター・ドラえもんそっくりに見えるが、これもグリム童話のキャラクターだろうか?

劉さんは自体は企業イメージに拘わることだけに、今後経営陣と協議し、対策を採りたいと述べた。
レコードチャイナは現在、同園経営陣からの連絡を待っている。
(レコードチャイナより引用)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。